真性包茎治療

 

真性包茎治療

真性包茎は薬を飲んで治すような病気とは違います。治療の方法はいたって簡単。何をするというのは皮を切るだけです。切って今まで露出出来なかった亀頭を露出させればそれでおしまい。ただそれだけなのです。真性包茎は実は青年期の陰茎の状態を言うのです。陰茎の成長期のピークは18歳から20歳前後にかけてなのです。21歳前後を過ぎても包皮が剥けずに亀頭が露出出来ない状態であればそれは『真性包茎』と診断されるでしょう。つまり成人するまでは大体が真性包茎か、仮性包茎のどちらかの人がほとんどなのです。中学1年生〜高校1年生後半ぐらい”にかけて、成長過程なりますので、その間は、『正常』なのか『仮性』なのか『真性』なのかは判断が付かない部分が大きいのです。仮性包茎だと思っていても大人になったらずっと剥けた状態を続けられているというのであれば仮性包茎ではないのですが。亀頭が剥けないというのは、まだ包皮輪が狭窄の為に起こる現象です。無理して一度に包皮を剥き出しにするとカントン包茎となることもあります。治療には急がず焦らずが一番です。あなたの陰茎の状態を成人するまでは見守るくらいの気持ちでも良いでしょう。治療はコチラ